MENU

脱毛後に赤みがあるときの対処法

脱毛

脱毛後に赤みがあるときはどうしたらよいでしょうか?

これは肌トラブルの一つだと思われますが、
比較的軽めの症状であれば冷やしたり保湿したりして様子を
見ておけば問題ないと思われます。

 

一方症状がひどい場合は脱毛サロンに連絡して
報告するとともに、早い段階で皮膚科を受診することをおすすめします。

 

というのは光脱毛をする際には、
まずパッチテストを二の腕などで行い、
施術時にも肌の状態を確認した後本格的に施術をしますので、
そのときに異常がなかったのであれば他の何かの
原因がある可能性があるからです。

 

光脱毛や医療レーザーでの脱毛に関した皮膚の赤みに関しては、
いくつかの原因が考えられるようです。赤みが出た後、
茶色く後が残ってしまうという症状が代表的です。
出力が高いレーザーを照射した場合や、
急に出力を挙げたという理由による場合、
乾燥が原因の場合、出力をあげすぎたことによるヤケド等が考えられます。
出力が急に上がった場合は痛みを感じたりするなど、
分かるので遠慮なく施術者につたえましょう。
茶色くなってしまった場合にも、皮膚科で色素沈着の
薬を処方してもらえば効果があることが多いので、
慌てず対処することが大切です。
こうしたトラブルをさけるためにも、もしも皮膚が弱い、
気になる疾患があるなどの懸念事項がある場合は、
事前にカウンセリングの時点でサロンのスタッフに
相談してみたほうがよいでしょう。
また万一肌にトラブルが起きた場合にどのように対処するのかも

聞いておくと安心して臨むことができます。